文学

近代の日本を代表する文豪、谷崎潤一郎は著書のなかに「鯛のうまい地方がもっとも日本的なる日本。
つまり、大阪から東へ行くほどだんだん田舎になる」と記しているくらい大阪と関西の食を賞賛しています。東京出身の彼が、なぜそう思うようになったのでしょう。そんな疑問から文学作品を読んでみると、これまでとは違った読み方もできそうです。