池波正太郎が愛した焼売
/阿み彦梅田店

阿み彦梅田店

天神さんに来たら「阿み彦」の焼売を買う

「天神さん」の名で親しまれている大阪・お初天神のお膝元といえるお初天神通り。ここに、作家の池波正太郎氏が通ったという、焼売の店「阿み彦」があります。天神さんに来たら阿み彦の焼売を買う、という常連客も多く、曽根崎名物といっても過言ではありません。「阿み彦」の歴史をたどると、寛永年間にまでさかのぼります。難波橋下で船を浮かべ、萬川魚料理屋「網彦(現・阿み彦)」を開業したのがはじまりです。それから数百年もの間、大阪で営業を続け、明治9(1876)年に分家してからは、和食、鮨、天ぷらの専門店として親しまれてきました。

昭和21年の開業

阿み彦の焼売
焼売ととんこつ牛乳スープ。「焼売をスープのなかに入れて食べてみて」と、勧める新谷勝さん。

昭和21(1946)年、先代の八木和三郎(わさぶろう)さんが焼売専門店「阿み彦」を開業。第二次世界大戦下の混乱、そして食管制。食料を入手するのが難しい時期でした。それまでの鮨中心の営業が困難になり、比較的手に入りやすい材料で何がつくることができないだろうか、と考えたことから焼売が生まれたのです。今まで鮨一筋だった和三郎さんは、一念発起して神戸・南京町にて修行。和食から中華への転身。和三郎さんを動かしたものは、老舗の暖簾を守るという強い思いであったに違いありません。

復興が進むにつれ、店舗も拡大。和三郎さんの作る焼売の味は、多くの人々に歓迎され、お初天神を代表する味となりました。なかでも、一旦蒸し上げた焼売をフライパンで焼き上げる「オリジナルしゅうまい」が好評となります。「焼いて売ると書いて焼売と書くでしょう。先代はそれを忠実に行ったんですよ」と、オリジナルしゅうまいの秘密を話してくださったのは、従業員の新谷勝さん。

池波正太郎も常連さんの一人

amihiko03.jpg
暖簾に「しゅうまい」を堂々と入れているのは、「阿み彦」さんだけだそうです。

焼いて売るオリジナルしゅうまいを求めて通う常連客の中には、池波正太郎氏の顔もありました。著書「食卓の情景」にはこう記されています。「阿み彦の主人の、戦前戦中の人生がどんなものであったか知るよしもないけれど、この人はたしかに、何か一つにきびしい哲学をもっているにちがいない」。「きちんと列に並んで店内に入り、いつも静かに食べて行かれる姿が印象的でした」と話すのは、四代目社長・唯良(ただよし)さん。池波氏が亡くなられた後、大切に保管されている手紙。それは奥様から届いたお礼状でした。

所在地/大阪市北区曽根崎お初天神ビル1階
電話/06-6311-8194