花街と洋風料理/ニシモト

ビフカツ

昭和9年の創業

ミナミの心斎橋に洋食の店「ニシモト」があります。創業は昭和9(1934)年。はし袋には、昔から変わらず「南地たたみや町」と書かれています。「祖父が始めた店は宗右衛門町にありまして、2代目の父はそこで生まれました」と3代目の西本和行さん(30才)。

ニシモト

つまり、西本さん一家もずっと地の人です。いまの店は戦災の後で、現在の場所に新しく建てられました。「戦前までは大きなお茶屋さんの裏木戸にあたるところで店を開いていたそうで、お客さんもおのずと普通の人とは違ってました」。花街の芸妓(げいこ)さんやお茶屋さんで遊ぶ客が、食事したり酒を飲んだりするには便利で、しかも当時は数少ないハイカラな洋食の店だから、けっこう人気を集めていたそうです。ミナミではなく、あくまで南地というのは、その名残といえましょうか(現在の宗右衛門町を含め、昔の九郎右衛門町、櫓町、阪町、難波新地の5つが南地五花街と呼ばれていました)。

初代は熱心で勉強家

ニシモト

初代は、講習会などで(当時そんな勉強の機会があったそうです)洋食を学び、若くして店を開いたときけば、ロケーションの選定といい、なかなかの商才だったと考えずにはいられません。たとえば、「ニシモト」には洋食弁当というメニューがあります。弁当の器に、ハンバーグ、エビフライなどが盛られているのですが、これも初代が考えだした工夫です。組み合わせの妙といえるでしょう。「お茶屋さんの座敷にもだせるように、というんでつくったらしいですわ。芸者弁当とも呼んでたみたいですよ」。

蔦が覆う洒落た外観

ニシモト

昭和初期の、それ以前からあった遊所と近代が交差していた「南地」の環境は、いまや想像もつかないほどの様変わりをしています。西本さんは年齢からして、上の世代の遊びを実際には知らないけれど、遊びの落としものは、まだいろいろと残る地のなかで暮らしてきました。

通りの角地にある、蔦が覆った一軒家。とても戦後の建物とは思えない、いい雰囲気です。現在は、和行さんが亡くなった昭男さんに代わって厨房に立ち、3代目として「ニシモト」秘伝のホワイトソース(ベシャメル・ソース)ともども、母親と2人で祖父の洋食の味を守り続けています。

所在地/大阪市中央区心斎橋筋2丁目
電話/06-6211-3991